2018年11月27日火曜日

12/2(日)日本モンキーセンター「人間とチンパンジーの笑顔」

《笑い学関連のイベント情報》

京大モンキー日曜サロン
2018年12月2日(日)12:30~13:15

「人間とチンパンジーの笑顔は何がちがう?」
講師:川上文人先生(中部大学)

会場:日本モンキーセンター(愛知県犬山市)
参加費:無料(事前申込不要)(入園料は必要) 

2018年11月3日土曜日

11/18(日)中部支部笑例会「幼児期・児童期における笑われる悲しみの理解」

《笑い学関連の研究会情報》

日本笑い学会中部支部笑例会
2018年11月18日(日)13:00~15:30(12:30開場)

1.講演「幼児期・児童期における笑われる悲しみの理解」
  講師:伊藤 理絵 氏(岡崎女子短期大学)
2.落語ライブ 柳家小三治「粗忽長屋」

会場:椙山女学園大学看護学部 1F大講義室(名古屋市千種区)
参加費:一般500円・中部支部会員無料

11/17(土)関東支部研究会「マンガにみる〈笑い〉の真価」

《笑い学関連の研究会情報》

日本笑い学会関東支部研究会
2018年11月17日(土)14:30~16:30(14:00開場)

テーマ:マンガにみる「笑い」の真価
講師:小山 昌宏氏(筑紫女学園大学・教授)
講演概要:カートゥーン、ストーリーマンガに着目し、その「笑い」の価値について再評価をおこなう。内容は、「笑い」の定義、心理学・生理学・社会学的意義を前提に、カートゥーンの笑いの特徴、ストーリーマンガの笑いの性格(ユーモアマンガ、ギャグマンガ、パロディマンガ)、 笑いの描線と描写、笑い表現からみるマンガの効力、カートゥーンとストーリーマンガの笑いの共通性と相違性、などを通して、マンガにおける「笑い」について考察します。

会場:台東区民会館9階 特-特会議室
参加費:一般1000円・学生500円・日本笑い学会会員は無料 
お問合せ:E-mail un_ei-01@warai-kanto-0808.org

11/11(日)日本笑い学会オープン講座「笑いと健康」

《笑い学関連の講座情報》

日本笑い学会第261回オープン講座
2018年11月11日(日)14時~15時30分
演題:笑いと健康
講師:雨宮 俊彦 氏(関西大学社会学部教授)
概要:一般に笑いは健康によいと考えられています。しかし、いくつかの大規模調査の結果では、笑いと健康の間にはごく弱い関係しか見いだされていません。本講演では、くすぐり、滑稽から高次のユーモアまで、多種多様な笑いを社会的遊びとして位置づけ、笑いの心身の健康への効用が文脈や状況によることを、感情心理学と健康心理学の観点から解説します。
会場:関西大学・梅田キャンパス7階 701教室      
参加費:一般500円(学生300円)・日本笑い学会会員は無料
お問合せ:日本笑い学会事務局(予約不要)
(※関西大学人間健康学部共催)
(※オープン講座に関するお問合わせは学会事務局まで)

2018年10月7日日曜日

10/14(日)日本笑い学会オープン講座「漫才のツッコミを〈聞き手行動〉として捉える」

《笑い学関連の講座情報》

日本笑い学会オープン講座
日時:2018年10月14日(日)14時~15時30分
テーマ:漫才のツッコミを〈聞き手行動〉として捉える
講師:岡本 雅史 氏(立命館大学文学部教授)
概要:漫才の「ツッコミ」の役割に光を当て、実は「ツッコミ」こそが漫才を見ている私たちと連帯し、笑いの場に引き込んでいることを学術的に明らかにしようと思います。日常会話で聞き手が行う振る舞いを〈聞き手行動〉として定義すると、漫才の「ツッコミ」も一種の聞き手行動として捉えられることを、最新の言語学の知見をもとに解き明かします。
会場:関西大学・梅田キャンパス7階 701教室
参加費:一般500円(学生300円)・会員無料
お問合せ:日本笑い学会事務局(予約不要)
(※関西大学人間健康学部共催)
(※オープン講座に関するお問合わせは、学会事務局にお願いします)

2018年10月1日月曜日

10/4(木)NHK・Eテレ「ろんぶ~ん」《漫才研究》

《笑い学関連情報》
10/4(木)23時~NHK・Eテレの新番組「ろんぶ~ん」、初回のテーマは「漫才」です。ツッコミの技法と漫才ロボットに関する論文が取り上げられます。(再放送予定:10/6(土)13時~)

「漫才を面白くする技を見つけた論文と、漫才を自動で作成するロボットを開発した論文を紹介。〈人間行動学〉の視点でサンドウィッチマンの漫才の動作と発語のタイミングを徹底分析した結果、〈身体ノリ〉と命名したツッコミの独特の技が明らかに!そして、〈データ工学〉の知見を生かし、お題を入力するとWeb上の膨大な情報を取捨選択してものの1分で4分の漫才を作るロボットが完成、その実力は!?」

【出演】細馬宏通(滋賀県立大学教授)、灘本明代(甲南大学教授)
【司会】田村淳、中山果奈 【ゲスト】三倉茉奈

[元の論文]
細馬宏通2011「漫才、コントにおけるツッコミ役のパフォーマティヴな気づき」電子情報通信学会技術研究報告. HCS, ヒューマンコミュニケーション基礎 111(190):83-86
 
Umetani T, Mashimo R, Nadamoto A et al. 2014「Development Report : Manzai Robots : Entertainment Robots Based on Auto-Created Manzai Scripts from Web News Articles」Journal of robotics and mechatronics 26(5): 662-664  など

2018年8月11日土曜日

笑い学研究25号刊行!

7月に大会で『笑い学研究』25号が刊行されました!
(各論文の内容は10月頃にJ-STAGEにて公開される予定です)

【巻頭言】「笑うことの不思議」を改めて思う(鳶野克己)

【論文】
いのちと響きあう笑い(井上宏)
心理的援助への笑いとユーモアの適用に関する研究の動向と課題(森田亜矢子)
乳児の自発的微笑と外発的・社会的微笑に関する縦断的研究(池田正人)
子どもの「ユーモア能力」育成のための指導事項の検討(青砥弘幸)
攻撃的な笑いへの反応尺度による反応タイプの分類(二本松直人・若島孔文)
ショーやテレビに出演するチンパンジー・パンくんの笑いと負の感情表出(松阪崇久)

【研究ノート】
失敗を笑われることに伴う感情に関する基礎的検討(白井真理子・伊藤理絵)
ユーモア・センスの気質的基盤(鵜子修司・高井次郎)

【書評】
大野裕之 著『チャップリン:作品とその生涯』(森下伸也)
石井公成 著『<ものまね>の歴史:仏教・笑い・芸能』(長島平洋)

【笑い学―海外での研究動向】
【投稿広場】